隠れ肥満 体脂肪率

HOME > 隠れ肥満 体脂肪率

肥満とは一般的にBMI値が25以上の状態を指しますが、BMI値が25未満でも肥満と診断されることがあります。これは見えない部分に脂肪が溜まっている状態で、隠れ肥満と言われています。

隠れ肥満の状態とは、見た目やBMI値では肥満ではないのに、体脂肪率が男性では25%以上、女性では30%以上のことです。

見た目やBMI値では、肥満ではないのに体脂肪率が高いということは、内臓の周りに脂肪がついている内臓脂肪型肥満の可能性が高く、高脂血症や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こす可能性が高いので注意が必要です。

矢印 内臓脂肪型肥満の恐ろしさを知ろう

カルテ

女性の場合、特に食事制限のダイエットを行っている方は、1日の摂取カロリーを抑える際に、必要な栄養素が足りなくなることで、体重は減り、見た目はスリムになったものの、隠れ肥満になることもあります。

食事制限を行う場合は、必要な栄養素も考慮してメニューを決めましょう。

また、朝食を抜くと隠れ肥満になりやすいとも言われていますので、1日3食バランス良い食事を心掛けると良いでしょう。隠れ肥満は、健康障害に直結する可能性もありますので、体脂肪率を測定できる体重計などを利用して、1ヶ月に一度など定期的に確認すると良いでしょう。

クリック証券