内臓脂肪型肥満

HOME > 内臓脂肪型肥満

内臓脂肪型肥満は、皮下脂肪型肥満とは違い、内臓の周りに脂肪が溜まる肥満です。主にお腹に脂肪がつくことから、内蔵脂肪型肥満は「リンゴ型肥満」とも言われています。

リンゴ型肥満

見た目ではわかりにくい内蔵脂肪型肥満

内蔵脂肪型肥満の特徴として、内臓の周りに脂肪が溜まることから、見た目はスリムな方でも内臓脂肪型肥満と診断されることがあり、見た目だけでは判断できません。

内臓脂肪型肥満は、糖尿病や高脂血症、脳梗塞、心筋梗塞などの原因となりますので、できるだけ早急に改善が必要です。

内臓脂肪型肥満の判断基準のひとつとして、BMI値があります。BMI値は「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で計算され、その数値が25以上の場合は肥満となります。その中でもウエストが、男性の場合85cm以上、女性の場合90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満の可能性が高くなります。

厳密に内臓脂肪型肥満かどうかを確認するには、病院で検査を行い、CTスキャンなどで脂肪面積を測定し、内臓脂肪量を確認するようになり、内臓脂肪面積が100平方cm以上の場合は、内臓脂肪型肥満と診断されます。最近は家庭用の測定器もありますので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

内臓脂肪型肥満の原因の多くは、食生活や喫煙・飲酒などの生活習慣や運動不足になります。食生活や生活習慣の改善適度な運動を心掛けましょう。

内臓脂肪型肥満の効果的なダイエット方法をチェック!

矢印 日常生活に取り入れる超簡単な「内臓脂肪の落とし方」

クリック証券