肥満度 計算

HOME > 肥満度 計算

一般的に言う肥満と、医学的な肥満は違います。

一般的に言う肥満とは、見た目だけで判断していますが、医学的な肥満とは「身体に過剰な脂肪が蓄積された状態」のことなので、見た目はスリムでも肥満と判断されることもあります。

逆に、力士の様に見た目は肥満に見えても、内部が筋肉であれば肥満にはなりません。医学的な肥満に該当する場合、健康障害を引き起こしたり、生活習慣病の危険因子となる可能性もあるので、注意が必要です。

医学的な肥満の基準

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で計算されるBMI値が25となっています。BMI値が25以上であれば、肥満と判断され、BMI値が5増えるごとに肥満度も上がります。

【肥満1度】BMI25以上30未満
【肥満2度】BMI30以上35未満
【肥満3度】BMI35以上40未満
【肥満4度】BMI40以上

肥満度が高い程、病気になる危険性が高くなります。

このBMI値が25以上で、さらにウエストが男性85cm以上、女性90cm以上の場合は、内臓脂肪型肥満の可能性があります。内臓脂肪型肥満は、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすこともありますので、病院で診断してもらった方が良いでしょう。 ⇒ 内蔵脂肪型肥満をもっと詳しく!

肥満のサイズ

クリック証券